kotlin関係のgithubレポジトリ人気ランキング

Kotlin Advent Calendar 2013 - Adventarの12日目になります。
第1回 かわいいKotlin勉強会でgithubのkotlin関連はコンパイル出来ないものが多いだそうで
気になったのでとりあえずスター数TOP10で見てみました。
※スター数同じ物は更新日が新しいものの順位を上にしています。

10位:vertex-kotlin ★11

Vert.xをkotlinで動かすためのレポジトリ。最終更新が2012年6月でコンパイル不可でした。

9位:koolapp ★12

6位のkoolと統合

8位:kotlin-samples-for-android ★12

Snake,WeatherListWidget,Wiktionary(Android SDKで標準で用意されているサンプル)をKotlinで書いた場合の例があります。コンパイルまで確認。

7位:kotlin-euler ★12

やったね!コンパイル可能!Project Eulerにある問題をKotlinで解いてます。
例えば

If we list all the natural numbers below 10 that are multiples of 3 or 5, we get 3, 5, 6 and 9. The sum of these multiples is 23.Find the sum of all the multiples of 3 or 5 below 1000.

1000未満の3か5の倍数の和を求める問題です。その回答が

 fun main(args: Array<String>) {
    val limit = 1000

    val result = (1..limit - 1).iterator().filter { n -> n multipleOf 3 || n multipleOf 5 }.sum()

    println("the sum of all the multiples of 3 or 5 below $limit is $result")
}
fun Int.multipleOf(n: Int) = toLong() multipleOf n
fun Long.multipleOf(n: Int) = this % n == 0.toLong()
fun Iterator<Int>.sum() = fold(0) { (a, b) -> a + b }

//return the sum of all the multiples of 3 or 5 below 1000 is 233168

となります。

6位:kool ★16

同期通信を行うためのKotlin出できたフレームワークだそうです。公式もつながらず最終更新も1年前なので諦めます!

5位:Exposed ★16

Kotlinで書かれたSQLライブラリ。僕の環境では動かせなった(´・ω・`)
参考サイト:KotlinでDBアクセスしてみた(原始的な方法、標準ライブラリ、3rdパーティライブラリ) - 算譜王におれはなる!!!!

4位:kotlinAndroidLib ★21

Androidの記述を簡略化させるためのライブラリ。第一回勉強会で分かりやすい資料があったのでそちらに。これも動かせなかった。

3位:AndroidRivers ★41

Android Rivers | Home PageKotlinで作ったAndroidアプリのソースコードが公開されています。コンパイルしてテストコード実行まで確認。

2位:kara ★69

Webフレームワークです。余裕が無いのでたろうさんのサイトで…
kara/README.md at ja · ntaro/kara · GitHub

1位:kotlin ★524

kotlin本体です。

まとめ

実力不足もあってあんまりコンパイルできませんでした(´・ω・`)
Androidについては初めて触って実機で上手く動作しなかったので勉強したい。
まともに動かせたのkotlin-eulerくらいという…。
あとこのレポジトリが分かりやすいな~と思いました。
kotlin-projects/introduction-to-kotlin · GitHub

追記


見逃していたレポジトリがありました!★33なので4位ですね!
動きそうな感じなので、次はwasabiに絞って書いてみようかな(`・ω・´)

関西デブサミに行きます(`・ω・´)ゞ

【自分自身の置かれている開発の現場を変えようと思っている人達】

この言葉に惹かれたので、こんなイベントに参加するのは初めてですけどスタッフとして参加します!
寧ろ今は自身の環境を変えようと動いてますが

後は、最近繁忙期が終わりやっと落ち着いて来てたのでそろそろ日本語化リソース更新します。
とりあえずAndroidStudioのプグライン配下見たら、10ファイル程だったのでAS用のリソースを作成しようと思います(今月中に)。

また、smallObjectとDDDの研修受けてきました。

講師の方の説明がわかりやすく、とてもためになりました。
ただUMLの理解がまだ全然だったんで、やりなおさないと行けないですね・・・
外部設計もUMLで書くようになればいいんですが(-_-)

DDDについては概要だけで、深い内容はなかったけど、所謂上流工程の方々は、このような知識をもってないと良い物はできないなと再考しました。

SIerの仕事

SIerに絶望しましたorz

周りの人の考えも色々探していたのですが、とても共感できるものがありました
http://www.nurs.or.jp/~ogochan/essay/archives/2079

私はSIerには絶望している。これは前にも書いた。何しろSIerってのは、どんなに頑張ったところで、1人が1人分しか稼げないのだ。1人の稼ぎは1人分にしかならない。

やはり一番腑に落ちないのはここですかねえ。
いくら個人で頑張った所でも、仕事遅くて残業している方が特という変な世界ですね。
仕事が早いと、早く帰れるわけでもなく、作業量が増えるだけですし。

あと、終電まで頑張るという空気になっていたので、日々のゴールが見えないんですが、何処までやったらいいんですかと聞いたら、終わるまでがゴールだという根性論の回答が来ました。プロマネって日々のゴールを決めるものだと思ってたんですが違ったんですかね。終わりがないのに、どんなモチベーションで生産性を上げればいいんでしょう?

というわけで最近はWEB業界が羨ましくて仕方がないです。

否定するということ

今日はあまりにも作業で納得出来ないことがあって、「こんな無駄な事なんでやるんですか」と聞いてしまった。

ちょっと討論になって、結局やらなくて良くなったけど、言い方が良くなかったと反省してます。
考えた人は有用だと思ったので、軒並み否定するのではなく、意見として柔らかく言うべきでした。

自分の考えを完全否定されて、いい気持ちの人はいないですからね。以後気をつけます。

OJT

6月から新人が配属となり、先週末から部署に来てPCのセットアップをしています。
初めてできる後輩なのですが、何を教えたらいいか分かりません。
去年の自分に欲しかった先輩にはなれますけど、それが今の新人にあってるかわからないですからね。
とりあえずClean Corderを読んだらいいよと言って渡しました(笑)

Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道

Clean Coder プロフェッショナルプログラマへの道

去年に配属された時は、あまり指示がなく、分からなくて困ったら聞くというスタイルだった気がします。個人的には、色々と苦労しました。(SpringやらJunitの説明がなく、先人のソースコードを参考に書いてみてと言われた等)
その時の経験を生かして、読んだらいいと思う本がいっぱいありますけど、自分のエゴを押し付けている気がしますし、SI業界なので新人がプログラマーになりたいかもわからないですし…

それと、新人研修(技術系)ってあんまり意味がないような気がします。内容が軽すぎますし、本を読んだほうが100倍ためになると思います。そういう点では、8月に初めてまともな研修受けるので、どうなのか楽しみです。微妙だったら、今後研修を受けないような気がしますが。

結局OJTってどうするべきなんでしょう