サービスの切り出し

ここ3ヶ月くらいずっと既存のサービスの切り出しを行っています。
モノリシックなサービスの重要な基盤となっている部分(全体の30%くらい)を、
フレームワークを変えて作っています。
sturts2&spring3&hibarnate3 →spring4&hibarnate4

最初は、JavaEEかSpringにするか調査して相談したのですが、JavaEEの過去の印象が強いのと、
既存がSpringなので学習コストがあまりかからないだろうということでSpringになりました。
個人的にはJavaEEを押したので、残念でした。

今回やったこと

  • struts2を捨てて全部Springに
  • svnからgitlab環境を構築して、マージリクエストを可能にした。
  • RESTfulなAPIになるようにURI変更
  • Java7からJava8記法に
  • antからGradleに変更

今後やりたいこと

  • gitフローの構築(現在リリースがまだないので、masterしかない)
  • テストコードを書く
    • 過去のコードを持ってきて、不要な処理を消しているだけなので、消した部分に関連する場所しかテストコードを書いていない。(既存にテストコードはない)
    • 永続層との依存が大きく、モックをたくさん作って、テストとしてBeanに想定通りの格納されていることを確認するものって意味あるのかな?
    • RESTでこのアクセスが来たら、このjsonが返ってくるぐらいのテストでいいものか。
  • ログをNoSQLに格納する
    • 例外発生時のエラー解析で一々コンソールを叩く作業をなくしたい。
    • エラーが発生したリクエストと、レスポンスとその処理を行ったプロセス全体を入れたいが、いい知見はないものか・・・。

困ったこと

Egitの挙動がおかしくて最初すごいはまった。競合しているファイルがあると、同期化ビューで見ると全ファイルが競合する。
最新版のEclipseとEgitでautocrlf=falseにしてもダメだった。情報でなかったけど、みんなどうしてるんだろうか。
対処法としては、同期化ビューを使わない 。(gitコマンドかsoruceTreeで見る)
寧ろEclipseを捨ててIntelliJを使おう!!!qiita.com
Eclipse Community Forums: EGit / JGit » Synchronize view shows non-existent white-space and other outgoing changes